早漏とヒスタミンの関係

早漏ヒスタミン

 

 

早漏はアミノ酸と大きく関わっています。

 

性的に興奮するとドーパミンやノルアドレナリンというホルモンが分泌されます。

 

これらの性的興奮を伝達するのに必要なアミノ酸は、「ヒスチジン」「チロシン」「フェニルアラニン」などがあります。

 

中でも「ヒスチジン」は体内でヒスタミンに変換されペニス海綿体内に多く存在し、オーガズムや射精の射精に重要な働きをしていると考えられます。

 

なぜなら、早漏の男性はペニス海綿体内のヒスタミンの働きが活発な傾向があるからです。

 

 

このヒスタミン活発化を抑えるには、「抗ヒスタミン剤」やヒスタミンの生成を抑える働きをするアミノ酸「メチオニン」をうまく活用すると良いでしょう!

 

ヒスタミンを抑える方法

 

ヒスタミンを抑えて早漏改善する「抗ヒスタミン剤」、「メチオニン」の活用方法についてまとめました。

 

抗ヒスタミン剤

ヒスタミンは、かゆみを引き起こす成分としても知られています。

 

飲み薬は、アレルギーなどの症状を抑えるためにも使用されますが、全身に効くので早漏改善にはおすすめできません。

 

局所的な作用が期待できるトノスの使用がおすすめです。

 

 

 

メチオニン

「メチオニン」とは硫黄を含んだ含硫アミノ酸で、肝機能を高めたり、アレルギーの原因となるヒスタミンを抑える働きがあります。

 

メチオニンのメリットは即効性はないものの、アミノ酸なので副作用が少ないところです。

 

ただし、摂取しすぎると脈硬化の発症リスクを高めたり、悪心、嘔吐、めまい、低血圧、興奮といった副作用が起きる場合があるので、規定量を守って使用しましょう!

 

TOPへ